Diary


楽譜さえあれば。。

 

 

 

日曜日は

 

 

 

 

 

『堺の秋物語グリーメメッセ2016』

 

 

 

 

 

 

に呼んで頂き演奏してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の背後にある

 

【カツラ】という木は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葉が散ると

 

 

 

 

 

甘〜いキャラメルのような匂いを放ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枯れて、葉っぱが落ちて匂いを放つ。

 

 

 

 

 

 

 

植物も色々、興味深いですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

秋の風景が綺麗な、

 

 

 

野外での演奏。

 

 

 

 

 

 

 

私事ですが、

 

最近、コンサートの曲を益々練習しない。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それより、苦心するのは、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲目。。

 

 

(いつも苦しみます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を弾くか、

 

 

 

 

 

その時のタイミング、空間を大切にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、あるならば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲目などを、決めるのは不自然であり

 

 

 

 

 

 

 

グロテスクな事だとも思えてきました。

(言い過ぎ?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから!

 

 

 

 

 

 

楽譜をたくさん持っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

楽譜の1曲は、

 

ほとんど『詩』のようなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、それは読み込み、歌います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、それを練習しにかかると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指がでしゃばります。

 

(これを指の音楽と言います)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、極力弾かないで、形にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(何回弾いたか、どれくらい時間を裂いたか

 

これは、いつも勘定しています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その1つ1つの『詩』を、

 

 

 

 

 

できるだけ沢山持っていき、

 

 

 

 

 

 

その時の気持ちに沿うものを、奏でる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうするとエクスタシーがでやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、指で弾いたものより

 

 

 

 

その方がずっと記憶にストック出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏は曲(詩)との距離が大切なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理想は、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ楽譜を読んで来て

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめてその曲を音にするのが、

 

観客のまえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それが最もいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガクフサエ

 

アレバ

 

イイノダ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です