Diary


お客様はすこし神様です

 

 

2016年9月24日は(土)

 

 

 

大阪梅田にある「グラナダ」でした!

 

 

 

 

なんと創業今年で44年目。

 

 

 

 

 

関西ギターの、聖地「グラナダ」

 

 

 

 

 

 

びっくりするぐらい、、、

緊張するのです(手が震えていた。。)

 

 

 

 

 

 

 

いつも震えたりしないのですが、

ここだけは震えるのです。(笑)

 

 

 

 

 

 

沢山の方にご来場いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ギタリストはもちろん、

 

建築家の方から、ピアニスト、

 

アクセサリーデザイナー

 

整体師、武道家、楽器製作家、

 

経済学部学生さんなど、

 

 

 

 

 

 

 

幅広い、層の方にお越しいただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ自分の感じてるギター音楽の魅力を

感じて

 

 

 

聴いて下さる方が増えて来ているようで、

本当に嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で言うのもなんですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

少し他のギタリストとは違う演奏をしているかもしれません。(いままでも何回か言われましたが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い悪いではなく、

 

 

 

 

 

たぶん自分で感じた事を

 

自分なりに築き上げて来たら、

 

 

 

 

 

誰だってそうなるのではないか、

とも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ギターで最も大事に表現するもの。。

 

 

 

 

自分の場合、

 

 

それは「歌」です。

 

 

 

 

 

ただ、感情を込めて歌うと言う事でも

ないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

その、音楽を心で聴く事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギターは

 

 

多彩な音色と

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

素朴な「歌」の楽器だと

 

 

 

確信しています。

 

 

 

 

 

 

これからますます、それに気づく方が

 

増えるでしょう。

 

 

 

 

 

image



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です