Diary


山本能楽堂での演奏

 

 

 

 

『文化の伝承、花と伝統』

 

 

今回で7回目となるイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国登録有形文化財『山本能楽堂』を

フラワーデザイナーの生け花により彩り、

 

 

 

 

 

 

 

普段は入れない能楽堂の舞台裏まで

 

公開すると言う企画でした。

 

 

 

 

 

 

まぁ、貴重な資料ばかりで、

 

 

 

 

楽屋でくつろぎながらも、写真をとりまくり

 

 

 

 

 

 

完全に素人化している状態でした(笑)

 

 

 

 

 

 

能の舞台はよく響くように、完全に設計されており、西洋の教会の響きとは全く違ったものがありました。

 

 

 

 

 

舞台は素足ではあがれないので、「足袋」を

履いての演奏でございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのお客様にご来場頂き、

演奏、交流できた事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日連続公演、素晴らしい芸術の時間を過ごさせて頂き、感謝。

 

 

 

 

 

ギターをどう響かせるか、

 

 

2日目は掴めて、全く弾き方を変え演奏。

 

 

見事に響いてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(名前は伏せますが)

 

 

山本能楽堂のスタッフの皆様、

 

 

 

マネージメントの方。

 

 

 

当日ご一緒になった2人の才能あるヴァイオリ二スト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来場くださったお客様に。

 

 

 

 

 

 

 

 

報恩謝徳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です